転勤 車

転勤で車売る予定の人へ

 

会社に勤めていると、避けては通れないのが転勤です。

 

転勤までの期間をしっかり設けてある場合には、
準備や身の回りの整理をして転勤に臨めるかと思いますが、
転勤までの期間があまりないような時には、準備なども急ぎでしなくてはならず、
転勤先に車を持って行くかどうかを悩んでいる時間もあまりありません。
転勤先に駐車場があるかないか?など早めに確認することが大切です。

 

駐車料金等の折り合いがつかない事も多く、転勤を機に車を売却してしまう方が多いようです。

 

ここでは、転勤で車売る時の注意点とおすすめの方法をお伝えします。

 

 

転勤というワードを出すと足元を見られる?

 

 

もしも、自分が買取り業者の営業マンで、転勤するので車を売却したいんですという人が、
来店したらどう思うでしょうか。

 

私なら、ラッキーと思います。

 

ものすごく嫌な奴に聞こえてしまいますが、それが営業マンの心理という物です。

 

では、なぜラッキーと営業マンは思うのでしょうか。

 

それは、買取り業者の仕組みに秘密があります。

 

買取り業者は、基本的に買取りを行った車を売却して利益を出しています。

 

買い取り時の金額と売却時の金額の差が大きければ大きいほど利益は大きくなるのです。

 

さらに、営業という職業にはノルマがつきものなのですが、
買取り店の場合何に対してノルマを設けるかと考えると、買取りの台数なのです。

 

その為、転勤になったので車を売却したいという人に対しては、転勤するので売却はしたいが
交渉に掛けている時間がない人という判断をします。

 

勿論この判断は、ほぼほぼ当たっていますよね。

 

その為、そこそこの買い取り金額で商談がまとまる可能性があり、
ほぼ間違いなく売却をしてもらえるという心理が働くので、ラッキーと思うのです。

 

何故、そこそその金額でと考えるかというと、交渉に時間を掛けられない人なので、
交渉をする事もなく、商談がまとまるという考えが働くのです。

 

その為、必然的に買取り業者から提示される金額は安くなってしまい、
結果として損をしてしまう
可能性が高くなってしまうのです。

 

 

転勤時に車売却で損をしない方法

 

 

先にお話ししたように、転勤をするという事を伝えてしまうと、損をしてしまう可能性があります。

 

では、損をすることなく高く売るにはどのようにしたら良いのでしょうか。

 

それは、まず転勤というワードを口にしない事が基本なのですが、それだけではダメなのです。

 

ワードを口にすることなく、買取り業者を競合させる事が重要なのです。

 

なぜなら、この競合他社というのが居る時の対応は天と地ほどの差があるからです。

 

買取り業者の営業マンは、できるだけ安く買い取りたいのですが、
買取りの台数のノルマがあるため(値段は多少高くても)買取るという結果を重視する傾向があるのです。

 

その為、ダラダラと金額を提示しないような営業マンには、
競合他社が居る事を伝える事でしっかりとした商談ができるようになるのです。

 

より簡単に車を売却する方法

 

しかし、ただでさえ交渉している時間が限られているのに、複数の業者を回るのは大変です。

 

そこでおすすめなのが、一括査定という物です。

 

この一括査定を利用する事で、複数の業者を一軒一軒回らなくても
一括して買取査定依頼をする事ができるのです。

 

そうする事で、不要な移動時間なども要らず交渉も簡単に済むのです。

 

さらに一括査定を利用する事で、提携している全ての買取り業者が、
競合他社がある事を把握していますので、たとえ転勤が理由でと口が滑ってしまった際にも、
足元を見られる事がなく商談ができるのです。

 

この様に、転勤を控えている方にこそ簡単に交渉ができ、
高い金額で売却できる一括査定がおすすめなのです。

 

もしも、現在転勤の為に車を売却する方向で考えている方は、
一括査定を試してみてはいかがでしょうか。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

※利用は無料です。